オンライン家庭教師での学習

オンライン家庭教師のメリット

まず一番に考えられるのが、移動の必要がなく、自宅で教育を受けられるという点です。
わざわざ塾などに通う必要がないため、移動時間も必要なく、時間が節約できます。ですが、これは一般的な家庭教師でも同様のメリットがあると言えますよね。
オンライン家庭教師のメリットは、家庭教師と対面で授業を行わない点でしょう。対面だと緊張してしまうこともあるかもしれませんし、何より、自分の部屋で完全にリラックスした状態で指導を受けることが可能になるのは、大きなメリットです。
同じ指導を受ける場合でも、緊張せずにリラックスした状態で学習することで、より効率よく学習できるのではないでしょうか。

どこにいても同じ指導が受けられる

オンライン家庭教師ならではのメリットは、特定の家庭教師から指導を受ける場合において、どこにいても同じ指導が受けられるという点にあると言えます。バンザンはもともと家庭教師の派遣を行っている会社ですが、近年はオンライン家庭教師の事業に力を入れています。
そのバンザンの取り組みのひとつが地域ハンデをなくすことです。
バンザンは東京都新宿区に本社のある会社ですが、家庭教師の派遣となるとバンザンのある新宿から移動可能な範囲に限定されてしまいます。そのため、地方からバンザンの家庭教師の指導を受けるということはできなくなってしまいます。
しかし、オンラインであれば、どこからでも同じバンザンの家庭教師の指導を受けることが可能になるのです。
どうしても、優秀な家庭教師は都市圏に集中しがちで、地方で優秀な家庭教師から指導を受けるというのが難しくなってしまいます。オンラインを活用することによって、どこに住んでいても同じ指導が受けられるようになるのです。
バンザンは新宿にありますが、新宿に住んでいる人も、地方に住んでいる人も、もちろん、海外に住んでいる人でも同じ指導を受けることが可能になるのです。

指導品質とマッチング

オンラインで指導を行う上で重要となるのが、指導品質と講師とのマッチングです。バンザンでは、指導の曜日や時間帯だけでなく、性格なども含めて細かく話を聞いた上で、どの講師にするかを決定しているようです。
もちろん、相性が良くないと感じた場合は講師の変更も可能、何度でも変更は可能となっているようです。
また、バンザンには1万5千人を超える講師がおり、その中で高い実績を誇る講師の授業を共有化して指導を行っているようです。
その結果、指導品質も底上げされているようです。

どこにいても同じ教育を

教育の格差とは

教育の格差とは、生まれ育った環境の違いによって受けることのできる教育に格差が生じることです。例えば、都市部に生まれた子供に関しては、多くの選択肢がありますが、離島で生まれた子供はどうでしょうか。その島にある学校などの教育機関しか選択することができません。離れた土地の学校に通う、または下宿や寮を利用するといったことも可能ですが、それにはある程度のお金が必要です。また、いくら成績が優秀でも、進学するためのお金がないという理由から、そこで進学をあきらめてしまう子もいるのです。このように、実際に生まれた場所や収入によって教育の格差が生まれているのです。
その格差をなくす方法のひとつがオンラインによる教育です。
オンライン教育であれば、インターネットや端末といった設備があれば、どこにいても同じ教育を受けることが可能になるのです。

地域による教育の格差をなくすために

収入による教育の格差に関しては如何ともし難いものがありますが、地域による格差はインターネットを利用することで解消が可能になります。その取り組みを行っているのがバンザンという会社です。
バンザンは、家庭教師の派遣を行っている会社ですが、派遣だけでなくオンライン家庭教師事業も行っています。派遣型であれば、近郊のエリアのみが対象となってしまいますが、オンラインであれば地域は関係ありません。実際にバンザンのオンライン家庭教師は国内だけでなく海外の子供たちに対しても行われているようです。

バンザンの求人情報をチェック

オンラインでの指導

以前からオンライン教育というものは存在しましたが、多くは講義の動画の再生など、一方通行的なものが多かったようです。バンザンのオンライン家庭教師は、パソコンのカメラとマイクを使用し、マンツーマン形式で指導が行われるようです。質疑応答に関しても、リアルタイムで行われ、目の前に家庭教師がいるのと同じ指導が行われます。
もちろん、家庭教師によって指導の質も異なるのですが、バンザンでは家庭教師の選考をかなり厳しくしているため、指導に関しての不安はなさそうです。
また、継続して同じ講師によっての指導が行われるため、バンザンではマッチングも重要視しています。相性がよくなければ何度でも交代してもらうことは可能なのだそうです。
多くの企業でテレワークが取り入れられている現在、バンザンのオンライン家庭教師もテレワークであるといえそうです。
これからは、多くの学習塾や家庭教師においても、こういったオンライン化が進んでいくのかもしれません。

ハンデのない学習

教育における地域の格差

義務教育は、文科省の指導要領によって指導が行われるため、どこに住んでいたとしても同等の教育を受けることは可能です。しかし、塾や予備校、家庭教師を利用して学習するとなるとどうでしょうか。地域によっては、良い塾や予備校、また、良い家庭教師がみつからないといったことも考えられます。特に、大手の塾や予備校となると受講可能な地域は限られてしまいます。難関校を受験するとなると、なかなか独学だけでは難しく、どうしても良い塾や予備校が必要になってくるのではないでしょうか。そうなると、どこに住んでいるかによって受けられる指導の質が変わってくることになります。
これが地域における教育の格差です。
家庭教師に関しても一般的なものであれば、ある程度の学力がある先生がいればいいのですが、特定の学校の受験対策となると先生に求める資質も異なってきますよね。

地域格差をなくす家庭教師

1995年に設立されたバンザンは、家庭教師の派遣を行っている会社です。バンザンは、もともと家庭教師の派遣のみを行っている会社だったのですが、最近になってインターネットを利用したオンライン家庭教師事業も展開しています。最近ではコロナの影響もあり、Web会議を導入した企業も多くなっているのですが、バンザンはこのWeb会議と同等のしくみを利用して家庭教師による指導を行っているそうです。バンザンのオンライン家庭教師は国内で最大級の実績があり、利用者の満足度もかなり高いのだとか。
これは、バンザンの家庭教師が専門指導を行っており、最も結果が出ると考えられる指導が受けられるからのようです。特に難関校の場合、都市部と地方ではどうしても教育に関する情報の格差も出てくるので、オンラインで都市部の家庭教師から指導を受けることで、情報も取得することができるようです。

双方にメリットのあるオンライン家庭教師

まず、家庭教師が家に来ないということは、教師には移動の必要がありませんし、家庭では来客の準備をする必要がなくなります。家庭教師の移動が必要ないため、急な予定の変更も、よほどでなければ大丈夫なようです。対面での指導だと緊張してしまうお子さんの場合、オンラインであれば緊張することもなさそうです。また、普段着でそのまま指導を受けることも可能になります。教師との相性がよくないと感じれば、教師を変更してもらうことも可能です。
バンザンのシステムでは、顔だけなく、手元の映像も見えるようになっているので、ほとんど派遣型と変わらない指導が受けられるのです。
こういった点もバンザンの実績と評価につながっているのかもしれません。

新しいオンライン学習のかたち

オンライン学習とは

オンライン学習とは、広い意味で考えればインターネットを使用した学習ということになります。パソコンやタブレットを使用し、通信で学習を行います。以前は講義の動画の配信が中心でしたが、現在では回線の高速化やパソコンの能力の上昇によって、さまざまなことができるようになっています。例えば、カメラやマイクを使用したリアルタイムでの指導も可能です。これは、新型コロナによる影響で各企業でもテレワークの実施や、インターネット会議等を行う機会も増えたことからご存じの方も多いのではないでしょうか。

オンライン家庭教師

家庭教師による指導も従来の派遣型に加え、パソコンを使用し、カメラとマイクで指導を行うオンライン家庭教師といったものも登場しています。東京に本社を置くバンザンもオンライン家庭教師事業を展開しています。バンザンは1995年に設立された会社で、一般的な家庭教師の派遣に加え、特定の大学の受験に特化した指導を行う家庭教師事業も行っているそうです。バンザンのオンライン家庭教師は、実際に派遣で指導を行う家庭教師がオンライン指導も行うため、どんな遠隔地であってもしっかりとした個別指導が受けられるようです。また、家庭教師に関してはバンザンでかなり厳選されているようです。全員がプロの家庭教師としてしっかりとしたスキルを持ち合わせており、採用基準もかなり厳しいようです。
そのせいか、バンザンの家庭教師利用者の満足度はかなり高く、日本国内でもトップクラスの実績があるのだとか。

教育の地域格差の問題を解消

オンライン家庭教師に指導を受ける上でのメリットとデメリットを見ていきましょう。まず、環境を整備するためには費用がかかってしまうのですが、現在はほとんどの家庭にパソコン、インターネットの環境があるのでそれほど問題ではないかもしれません。本来、家庭教師は自宅に来てもらうため交通費が発生するのですが、オンラインであれば交通費は不要になります。
一番のメリットと言えるのが、どこに住んでいても家庭教師の指導を受けることができるということです。
派遣型であれば、バンザンのある東京近郊でしか指導を受けられませんが、オンラインだと、環境さえあれば、国内だけでなく海外でも指導を受けることが可能になります。実際に、バンザンでは海外での指導実績もあるようです。
都内の私立難関校を受験するなら、バンザンのような特定の学校に特化した家庭教師の指導を受けてみるのはどうでしょうか。地方や海外からでも逆転合格を目指せるかもしれませんよ。

地域格差をなくす教育

学校以外で学習をする場合、利用するのが学習塾や家庭教師です。しかし、学習塾や家庭教師を利用する場合、どこに住んでいるかによって受けられる指導の質が異なってきてしまうのが現実。優秀な人材はどうしても東京や大阪といった大都市に集中してしまうからです。極端な例ですが、例えば離島で学習するとなると、個人の塾や家庭教師となってしまいます。難関校を受験する場合、特に私立の場合、受験する学校に合わせた学習が必要になるのですが、その場合、専門に行っている学習塾や家庭教師はほとんどないといった状況ではないでしょうか。
義務教育ではどこに住んでいようとほぼ同等の教育を受けることができますが、それ以外の学習となると、住んでいる地域によって受けられる指導の内容が異なってくるのです。
バンザンは家庭教師の派遣を行っている会社です。そんな地域格差をなくすために、バンザンでは、オンライン家庭教師に力を入れているそうです。

オンライン家庭教師とは

家庭教師は、教師が個人宅を訪問し学習の指導を行いますが、バンザンの行うオンライン家庭教師では、家庭教師が家にくることはありません。インターネットを通じて指導を行います。
これまでのオンラインの指導はほぼ一方通行のようなもので、映像等で学習し、質問等はメールを使用し回答をもらうまでにタイムラグがある等、現実の家庭教師とは程遠いものでした。
しかし、バンザンのオンライン家庭教師は、リアルタイムな指導が可能となっています。近年ではテレワークが推進され、多くの企業がオンライン会議を導入しています。バンザンではこういったオンライン会議のようなスタイルで指導を行うため、その場に家庭教師がいるような指導が可能となっているのだそうです。

地域による格差の解消

オンラインで指導することによる大きなメリットのひとつが地域による教育格差の解消です。家庭教師をオンライン化することによって、東京や大阪といった大きな都市から離れた場所の生徒にも指導を行うことができます。また、バンザンの家庭教師は、厳選されたプロばかりなのだそう。そんなプロの指導をどこにいても受けることができるので、本来なら、家庭教師が派遣可能な範囲内でしか受けることのできない高レベルな指導が、バンザンのオンライン家庭教師を活用することで、どこに住んでいても受けることができるのです。
これこそが地域における教育格差の解消につながっているのではないでしょうか。